春駆け。

ぼちぼちマイペース。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エースウェルメーター(MD-052-353)の設定。

今回はメーターの設定のお話です。

今回装着したエースウェルのデジタルメーターですが、汎用品ですので速度表示の設定をする必要があります。
今はスマホで簡単に速度を計測できるのでメーターが合っているかどうか簡単に確認できます。ほんと便利な時代になりました。
DSC_1856_50178.jpg


メーターの設定についてなんですが、取説には「タイヤ外周長を設定します。」と書かれているので何も考えずに、

560mm(タイヤ直径) × 3.14 = 1758mm

と入力。・・・実際の2倍以上の速度が表示されましたw
流石にこれは間違いだろうということで、いろいろ確認しなおし。


まずは車速の取り方ですが、メーターケーブルに専用のセンサーを取り付けています。
(下の写真ではブレーキワイヤーの影に隠れていますが、銀色のキャップみたいなのがそれです。)
このセンサー、メーターケーブル1回転で1パルス発信する仕組みになってます。
DSC_1780_50102.jpg

メーターの仕組上、時間当たりの入力パルス × 1パルスあたりの設定長さ で速度を表示しているはずなので、先程のタイヤ外周長を入力する場合、タイヤ1回転で1パルスなら正確な数字が出るはず。・・・ですが、タイヤを1回転させるとメーターケーブルはそれ以上に回ってます。

ということで、スピードメーターについて調べてみたらJIS規格で決まってました。

バイク用の場合、駆動軸が1400rpmの回転をしたとき、60km/hを指示する割合とする。

というわけで、メーターケーブル1回転あたりに進む距離は、

 60km/h = 1000m/min

 1000m/min ÷ 1400rev/min = 0.7143m/rev  ≒ 715mm/rev (実走行速度より速めに表示するために切り上げ)

という訳で715mmで設定しました。
DSC_1868_50190.jpg

いろいろ調べてみたら、エースウェルから715mmという回答をもらったという情報も見られますし、他の機種では説明書に715mmと書かれているのもあるみたいなので間違ってはなさそうです。


注意点ですが、自分はノーマルホイールにノーマルタイヤですので標準値で問題ありませんが、インチアップやインチダウンした車両ですと設定値の変更が必要です。
逆に言い換えると、ノーマルとの外周長比さえ分かっていれば設定値を変えるだけで正しい速度表示ができるので、この点については汎用デジタルメーターは便利かもしれません。

| スーパーカブ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://halk501.blog67.fc2.com/tb.php/116-de0b3cd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。